セーフラン900はパワークッションの搭載量が倍に?

軟質ウレタンより、膝への衝撃を激減させたヨネックスのパワークッションシリーズに、最新作のセーフラン900が誕生してきました。パワークッションの量を従来の約2倍にアップさせ、さらに膝への負担を軽減させてきました。ランナーだけでなく、膝に負担を感じていらっしゃる方も普段の生活に利用したい。

140331-セーフラン900

パワークッションは、衝撃吸収性が軟質ウレタンの約1.3倍。それに対して反発力は約3倍もあり、ランニングシューズとして最適な素材になっています。卵を7mの高さから落としても割れないと言われるパワークッションの量をこれまでの約2倍に増やしているので、ランナーが故障しやすい膝への負担は、これまで以上に低減されてきそうです。

140331-セーフラン9001

もうひとつの嬉しい仕様が、Boaクロージャーシステム。セーフラン900と足へのフィット感をより高めることが、ダイヤルを回すだけで可能になる。ミリ単位とも言われるフィット感の高さが、これまでの靴紐とは異なる走りやすさにつながっているようです。

膝への負担は、しっかりとランニングシューズが足を受け止めなければ、ソールの仕様が良くても効果は半減してしまいます。
Boaクロージャーシステムでしっかりとしたフィット感を得て、健康的なランニングをしていきたいですね。

パワークッション セーフラン900

ランニングシューズブログ

«  セーフラン900はパワークッションの搭載量が倍に?  »

最新記事